投げ方・コツ

ダーツの横ぶれ(横ずれ)を克服する練習法1

スポンサーリンク

ダーツの横ぶれを克服する練習法

どうも、チンチラ(@yuu_hos)です♪

昨日、コンバージョンチップの先端が折れてしまいました・・・

ボードと一緒に新調してしまおうかな?

今回はこんな人におすすめです

ブルに投げても左右にズレてしまうことがある。

クリケットでは、シングルでさえ隣のナンバーに入ってしまってキープができない。

左右に散らかしまくり。

※なんとなくでも、投げ方自体がまだ決まっていないという人はこちら→ビギナー向け記事まとめ

created by Rinker

ボタンを押すと各ショップへ確認しに行けます

 

上記のような経験はないでしょうか?現在進行形の人も多いかと思います。

今回は、ダーツがぶれてしまう原因を考えてそれを克服してしまいましょう。

(ブレは、縦方向のブレと横方向のブレに大別できますが今日は横ブレについてみていきます)

 

「ブレ」と一言で言っても考えられる原因はいくつか考えられます。

僕なりに思いつく項目を挙げていきますが、あなたに当てはまるものかわかりません。

ポイントは、まっすぐ投げる事を優先事項とし、縦ブレ(距離のズレ)は後回しにすること。両方を求めないこと。

しっかりとまっすぐ投げる技術は大事です。

 

 

横ブレ(横ズレ)の原因とポイント

もし、あなたがピンとくるものがなかった場合は近くのうまい人に聞いてください(汗

腕を真っ直ぐにふれていない

腕を真っ直ぐに振らなければダーツも真っ直ぐ前に飛んでいきません。

ボードに対して真っ直ぐ腕を振りましょう。

腕の振りが毎回ずれてしまうと、その分だけダーツの軌道もずれてしまいます。

鏡をみながら素振りをして、腕の振りを体で覚えましょう。

テイクバック時の肘は動かないようにして、引ききった後~スローの際の肘は無理に固定するのではなく

腕を自然に振りきりましょう。

手(指)でコントロールしている

リリースのタイミングなどで、「自分が狙っている方向へ飛ぶように」矢の向きを

無意識にいじっていることがあります。斜めの腕の振りが定着してしまっている人にたまにみられます。

矢の向きがおかしい手先で調整してしまっている

矢は基本的には真っ直ぐの方が好ましいです。

これは上記2つに近いものがありますが、斜めなのは

腕ではなく「矢」そのものです。矢が斜めなのでリリース時に修正して投げてしまっている可能性があります。

肘が横に動いている

肘が開くなど、肘がずれていた場合、そこを修正すると逆方向にずれるようになる可能性があります。それは今まで指先でダーツの飛んでいく方向を調整していた証拠です。

なので、肘をあわせたら、その状態で指先も修正しましょう。

体が動いている

しっかり投げようとするあまり力みすぎて体全体や、腕がぶれてしまう人がいますが、

ダーツはリラックスして投げることが大切です。力まなければ飛ばないのでしたらまずは、

ボードに投げる感覚を掴みましょう。ただポーンと「ボールを山形に飛ばすように放り投げてやる」だけの練習です。

山形になげて、ブルに着地するように投げましょう。

目線が定まっていない

(同じ目標に投げる場合)顔を動かさない事です。目で狙いをつけて投げているのに、1投毎にその狙いがずれてしまっては

同じ投げ方を再現することが非常に難しくなってしまいます。

また、テイクバックの際は、矢が当たりそうになるからといって顔を背けないようにしましょう。

少しだけ顔の外側に沿わせる。顔の下に入れるなどの工夫をしましょう。

テイクバックが斜めになるのはよろしくないので、「目・肩」に向かって真っ直ぐに倒して、真っ直ぐに利き腕側の目線上を通るようにリリースしましょう。

ダーツを拾う時に体がぶれてしまっている

上記に似ています。1投毎に体がずれてしまっては

同じ投げ方を再現することが非常に難しくなってしまいます。

利き手とは逆の手と顔は動かさずに、利き手(投げる手)でダーツを拾い上げる動作がスムーズにできるように練習しましょう。

数をこなして、動きになれる必要があります。

リリースが悪い

余計な力が加わってしまってダーツが横にずれてしまうなら、

リリースの際に手をパーにする意識を持ってみましょう。

あとは、「ダーツを指に乗せるだけ」の意識を持って、指を脱力しましょう。

「構えた時に、ダーツを後ろから引いたらすっと抜けるか、軽く指に引っかかる」程度の脱力加減が目安です。

リリースの良し悪しは、(リリースポイントを除いた場合)グリップの形・指の脱力が関係してきます。

テイクバックのせいでぶれてる

テイクバックは(基本的に)肩に向かって倒します。

ちなみに、引いた状態から、前に送り出してやるだけでもダーツは届きます。

テイクバックが早すぎたり、引き代が全然なかったり、力が入っているとブレの原因となります。

また、投げようとしてたくさん引こうとすると引っ張られて肘が上がってしまいます。

腕を引くために力を使わないようにしましょう。

テイクバックの感覚を掴む練習法

腕の振りが早すぎる

矢を飛ばそうとするあまり、腕をすばやく動かしてしまい、ブレてしまう人がいます。

リリースポイントと、矢角が適正であれば、すばやさは必要ありません。

飛ばすために、すばやさは必要ありません。

手首のスナップや腕の振りだけで投げようとしている

リラックスした腕の振りと適切なリリースポイントで矢は簡単に届きます。

握りこんでいる

グリップに力を入れないよう気をつけましょう。

指離れの悪いグリップはしないことです。

ダーツは真っ直ぐ抜けていくのではなく、斜め上方に抜けていきます。

抜けていく方向を考えれば、干渉しやすいグリップの形と指がみえてくると思います。

グリップの基礎も確認しましょう

スタンスが毎回変わる

フォームの安定につながる部分ですが、

ボードに対する両肩のラインは一定でしょうか?

腕をまっすぐ振れても、スタンスが毎回ずれると矢もずれます。

イメージは、クローズドスタンスなら直角

オープン、スタンダードスタンスならボードに対して斜めになります。

フォロースルーまでしっかり行う事で、スローの変化を知る基準になります。

まとめ

ダーツはとにかく、再現力、安定が必要になってきます。

目的を持って、課題をひとつづつ潰していきましょう。

安定したフォーム=安定したグルーピングと考えているのですが、

安定したスローを身につけるためにおすすめの練習があります。

「グルーピング」ダーツがまとまらないあなたへ。グルーピングを練習してフォームを固めよう。

以下の項目とあわせて取り組んでください。

・壁に沿って素振りをする

・椅子に座って投げる

・19と17のアウターシングルを交互に、集中的に練習する。

コツとしては、

・肩と顔の向きは固定して、1.2.3投目それぞれでスタンスが変わらないように。

・肩と肘、顎が(テイクバック時に)動かないように。

つまり、体を安定させるのが上達の近道です。

(動画を撮るのも効果的です)

 

それではまた次回

(もっと突き詰めた内容は、またそのうち書こうと思います)

 

 

スポンサーリンク

-投げ方・コツ

Copyright© がもダーツ , 2020 All Rights Reserved.