投げ方・コツ

ダーツはシンプルに(グリップ~肩から先のお話)

スポンサーリンク

チンチラ(@yuu_hos)です。

 

皆さんグリップはしっくりきてますか?

フォロースルーに違和感を感じていませんか?…

 

今回はグリップやスローについてさらーっとお話しします。

つまり肩から先のお話です。

(本当は全部連動してるのですがまとまらなくなりそうなので分けます!)

 

肩から指先までのポイントでのお話ですが、

項目がいくつかあります。

 

ポイント

  1. 手首から先(グリップ)
  2. テイクバック時
  3. スロー時(リリース、フォロー、フィニッシュ)

ざっくりと分けました。

では、それぞれについて確認していきましょう。

手首から先(グリップ)

僕は、グリップの形を決めた後は深く考えないように心掛けています。
というのも、「悩む」=「思考する」→「スローの邪魔になる」と考えているし、
ここだけを意識しても手先だけのスローになってしまい(所謂感覚投げ)、再現性に欠けたスローになってしまうからです。

 

グリップの形ですが、

グリップの形によって色々変わってきます。

 

投げやすい腕の開きの角度だったり、フォロースルー、フィニッシュだったり、、様々なポイントが連動して変化します。(変化するというか、楽なポイントが変わってくる?)

 

それに加えて、

指は何本?摘む?乗せる?どこを持つ?

 

など考える点がたくさんあるので、

グリップを変えるだけでも人によっては大工事ですね笑

「グリップが決まらなくて悩んでいる」、「投げ続けているけど上手くならない、しっくりこない」という人は、スロー時において部分部分が噛み合っていない(体が無理をしている)のかもしれません。また、思い切ってグリップを変えてみるのもありです。ただ、頻繁に変えないで下さい。なるべく一定期間試してから変えるようにしてください。

 

関連
ダーツのグリップ(持ち方)の基礎を覚えてスムーズに上達しよう

どうもっ!! チンチラ(@yuu_hos)です。   本記事では※グリップ(握り方)について説明していきます。 (といっても、ビギナーよりになるとは思いますが上級者も情報収集として読んでみて ...

続きを見る

 

僕はとりあえず「3フィンガーで投げてみ?」派なので(笑)そういう人には3フィンガーを試してもらっています。

その理由は、

  • 2フィンガーだと多分安定して持てない
  • 4フィンガーだとダーツへの干渉が起こりやすい
  • 3フィンガーからなら、指1本の増減で2にも4にもできる

です。

 

3フィンガーの持ち方ですが、人差し指と親指でバレルを挟み中指を添えます。これだけです。

(人差し指と親指がややV時になる様にして、そこにバレルが乗るイメージを持つと良いです)

はじめは重心付近を掴んでくださいね。

なんとなーく形が分かったら、次は指のどの辺りで持つのが投げやすいのか探してみましょう。

指先~第一関節~第2関節と

位置を変えて投げてみて下さい。

しっくりくる(力が伝わりやすい)位置があるはずです。

ここら辺は4スタンス理論も関係してきますので気になる人は「ダーツ 4スタンス理論」と検索してみてください。(僕はまだ記事書いていないので…笑

「だいたいこの辺をこんな感じで持つ」程度でいいんです。

悩まなくて済みますし、形が出来ていれば案外ちゃんと飛ばせるものなのです。

 

テイクバック時

さて、グリップがなんとなーく出来たら次はテイクバックです。

 

テイクバックの感覚が分からない方は読んでみてください。感覚をつかむきっかけになるかもしれません。

関連
「10秒で感覚を掴む」テイクバック練習法(腕が倒れる感覚)

「テイクバック時の自分の腕の動かし方」 皆さんはしっかり言葉で説明できますか? 何となく投げていたり、テイクバックで悩んでいる人、多いと思います。 僕もそうでした。 今回は、ダーツァーなら誰もがぶち当 ...

続きを見る

 

テイクバックは「引く」より「倒れる」イメージでリラックスして行いましょう。(当サイトでは、「引く」と言う言葉を使いますがご了承下さい)

「引いたら伸ばす」これだけの動作です。

 

日本人に多いのですが、

肘は動かさない、とか腕は絶対真っ直ぐに伸ばさないとダメ。

 

と、固定概念に囚われている人がいますが、

悩み続ける原因になりかねませんので程々にした方がいいと僕は思います。(僕もこのタイプなんですけどね笑)

 

もちろん腕は目標に対して真っ直ぐ振れた方がいいですし、肘もテイクバック時は動かないほうがいいのでしょうが、

 

要はラインがしっかり決まっていればいいかと。

 

「入ればOK、ギチギチに固めなくてもいい」と、

少しでもいいので楽に考えて下さい。

無理のあるスローの原因になりますしそれこそ、

 

イップスになってしまったらつらいです。

 

話が逸れました。引いたら伸ばすだけ。

ゆっくり引いてから ~ スッと投げましょう。

腕全体が弓だと考えてもらうとイメージしやすいかも。スッ(ゆっくり)と引いて、一瞬タメて手を離す(溜まってたエネルギーで腕が目標に向かって一気に伸びる)という感じ。

ただ、力を込めて腕を伸ばそうとしないで下さい。スローのブレに繋がります。

 

スロー時(リリース、フォロー、フィニッシュ)

グリップやテイクバックがスムーズに出来ていても、リリースや腕の振りが安定していないとグルーピングもままなりません。

テイクバックしたら、

腕の伸ばし始め~リリース~フォロースルー、フィニッシュと続きます。
(1秒程度の僅かな間にこれらの動作を行なっているわけです)

 

腕の伸ばし始め

先ほども言いましたが、力みはブレに繋がります。

「(テイクバックで)倒れたから伸ばす」くらいの感覚で、テイクバックからスムーズに移行できるように心掛けましょう。

 

リリース

これは自分の位置を見つけるしかないです。

気をつける点は、力みによる「握り込み」と

「闇雲に投げ続けてしまう」点。

力みに関してはグリップ・テイクバック・腕の振り始め と気をつける点は多いですが、「スムーズに・適度な脱力」を心掛けて頑張りましょう。セットアップしたときに後ろからダーツを引っ張ると抜けるけどスローではすっぽ抜けない程度の力加減です。

また、セットアップした後「焦点をダーツに移してスロー」してみましょう。

するとダーツの軌道がよく見えます。併せてリリースポイントを意識しながら練習し、「手を離すポイント」と「飛んで行く場所」の関係をよく見て下さい。弧を描いているはずです。

 

フォロースルー、フィニッシュ

フォロースルーは「あくまで自然」にですが、フィニッシュは一瞬でもいいので

「伸ばした状態で一旦止める」ようにイメージして下さい。

この意識があるだけで腕の伸びが変わります。

 

最後に

なんだか全然まとまっていないように感じますが許してください。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

日々の練習の参考になれば嬉しいです。

ではまた次回。

スポンサーリンク

-投げ方・コツ

Copyright© がもダーツ , 2020 All Rights Reserved.